坐骨神経痛の治療も基本は一緒!|米沢市 口コミ1位の加藤接骨院・整体|交通事故治療・骨盤矯正

加藤整骨院 加藤接骨院併設

辛い腰痛・肩こり・頭痛急なスポーツ障害・外傷交通事故後のケガ・むち打ち DRT療法×背骨矯正 自信を持ってお勧めする当院独自の2つの施術で根本原因にアプローチし、痛みや不調を早く効果的に根本改善 駐車場完備! 土曜日も診療! 国家資格者常駐!

坐骨神経痛の治療も基本は一緒!

2016年4月10日 : 治療

おはようございます。

米沢の加藤接骨院・整体院です。

 

今日は、新患の方で、坐骨神経痛再発症の50代女性です。

この方は、20年前に腰を痛めて整形外科を受診されたところ、

坐骨神経痛というふうに言われ、その後あちこちの病院、接骨院、整体院を

転院しながら、そのうち症状が落ち着いた、という既往歴がありました。

今回は、転職により介護職を勤めることとなり、

その矢先に腰を痛め、20年ぶりに脚にしびれが出た、とのことでした。

 

早速何が原因でのしびれなのか、徒手テストをすることにしました。

坐骨神経痛というと、真っ先に思い当たるところは、腰椎椎間板ヘルニアによるもの。

次は、一般にはあまり知られていない梨状筋症候群。

もう一つは脊柱管狭窄症。

この3つが代表的な症状になります。

仰向けから脚を上げるおなじみのテストで、ややしびれが強くなるかな?という感じでした。

あとは特に問題がなかったので、

私が見立てるに、

「腰椎椎間板ヘルニアによる、多少の神経症状」

「メインは、ぎっくり腰による腰部大腿部の筋膜の突っ張りからくる連動性」であると

考えました。

この場合、

ヘルニアについては、ほとんど無視しております。

手術しなければならないほどのものでない限り、基本的に背骨の調整で十分良くなります。

むしろ、痛めてすぐですので、筋膜性の炎症をいかに抑えるかが大事になります。

経過としては、

筋膜性の痛みが落ち着けば、脚の多少のしびれは日常生活にほとんど影響しないものと

考えております。

神経症状は、3か月12回程度の治療で、8、9割改善するものとしてお話してあります。

(ただし、この間無理をしないのが原則です。)

症状の確認と、今後の治療の見立てをお話し、実際調整をさせていただくことになりました。

 

背骨の調整をすること5~6分。

首、肩、ふくらはぎの指標が改善されまして、

起きてもらい、来院したときと痛みを比べてもらったところ、

さきほどより症状が改善されているのが実感頂けました。

「全然強い治療じゃなかったのに、不思議だ」と

言っていらっしゃったのが印象的でした。

 

そして、治療後の念押しのお話をしました。

1、症状は1度で治るわけではない。

2、症状は、5回程度までは、多少状態が上下することがある

3、症状は、改善していく中で、必ず停滞期がある。

4、症状は、5回目ぐらいからじわじわ改善する人もいる

5、5回~10回程度で当初の痛みの8~9割減を目指す

6、その間、こちらが指定する姿勢の維持、簡単な体操を徹底して行う

7、今日の治療後は、揉み返しが強く出ることもあり得る

8、5回受けてみて、全く変化が出ない場合は転院をおすすめしております。

しばらく私とお付き合いすることになりますが、

最短で治すためにも双方が協力しあって

治すものだ、ということを認識して頂けたと思います。

2回目、次回いらっしゃるとき、症状がどのように変化していくのか

今から楽しみです。

1LINE@お友だち限定 2お友だち追加でラクラク予約! LINE@で2つのお得!お名前、症状、ご予約日時、電話番号をご連絡ください。来院をお待ちしております。

人気記事

Line登録
0238-49-9850