新着情報

巻き肩

2024年2月11日 日記

みなさん、こんにちは。

加藤整体院・接骨院です。

みなさんは巻き肩という言葉をよく聞いたことがあると思います。

 

巻き肩とは、左右の肩が前方内側に入りこんでしまう状態です。

巻き肩になると肩や胸、様々の筋肉が緊張し、不良姿勢だけだはなく身体の不調に繋がります。

当院でも巻き肩により首・肩凝り、頭痛、呼吸がしにくい、四十肩・五十肩になりやすいという方が多くいらっしゃいます。

大体の方は、巻き肩になってしまう原因として、スマホやゲームを長時間使用、仕事やプライベートでのデスクワークなどがほとんどです。

私も普段から姿勢を意識していますが、ついついスマホで動画を長く見てしまい巻き肩になってしまう事があります。

気をつけている事ですが、多くの方は作業に集中してしまい、無意識のうちに首が下を向き、肩が丸くなります。

また、スマホやデスクワークの画面を見る事により、眼精疲労や疲労感、睡眠の質が低下し自律神経の乱れに繋がります。

当院では背骨の調整をし、姿勢や筋トレ、ストレッチなどアドバイスさせて頂きます。

姿勢や体調不良で悩まされている方は多くいらっしゃると思います。

お身体の不調、お悩みがある方は当院までご相談下さい。

お役に立てるよう、サポートさせて頂きます。

※柔道整復師の施術は、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)のみ保険適用になります。その他の慢性的症状は、保険適用外として「整体」として自費で施術を行っております。なお、当院は1階東口接骨院・2階西口整体院の基準構造をクリアしており、症状により使い分けを提案しております。

文責鈴木