首痛

 

このようなお悩みはありませんか?

☑デスクワークで首が痛い。
☑製造業で下向きが長く、首が痛い。
☑肩・首が凝りすぎて熱がこもる。
☑ストレートネックと言われ、対策が無い。
☑首痛から吐き気やめまいがする。
☑可動域が悪く、まともに後方を振り返れない。

 

なぜ、首痛になるのかその原因は?

首痛は、生活習慣に起因する痛みであることが過去の事例から多々あります。

横向きやうつ伏せでの就寝や、スマホパソコンなどを、首を傾けて見たり、自宅でのテレビを見るときの首や体の捻れだったり、後天的な姿勢の悪さが原因になります。

また、精神的ストレスや、気温変化等に見られる自律神経の乱れから、首痛に繋がるケースも見逃せません。

その他、単純に運動不足も考えられますし、たまたま亜脱臼気味になっていて、一回の矯正で完治することもあります。

 

解決されない首痛

一般的に首の痛みを温めたり冷やしたり、電気治療をして、患部を数分揉むことが多いですが、その場は、何となく気持ち良く、「やってもらった感」は出るでしょう。

しかし、痛みの戻りも早く、中期長期目線では何一つ解決していないことがほとんどです。

 

当院の治療法

 

他の症例と同様、当院は身体の大黒柱である、頚椎・背骨・骨盤を、いかに真っ直ぐにするかという点だけに焦点を当てます。

大黒柱が揃って安定すれば、首痛もまた自動的に改善されるのです。
具体的な手法として、DRT療法を用い、第2頚椎を特に調整します。

初回、体感的に症状が消える人もいれば、ほとんど改善しない人もいますが、全くもって問題ありません。薬と一緒で、飲み始めは効きにくいことがあるのと同じようなものです。

他院様との違いの一つとして、日常生活指導の徹底も、かなり大きいと考えております。

 

首痛は、このように改善されます。

☑仰向けで寝れなかったのが仰向けで寝れるようになった。
☑一回の施術で違和感が消えた。
☑良い状態を維持出来ている。
☑調子が崩れなくなった。
☑薬を飲まなくなった。または飲む頻度が格段に減った。
☑夜眠れるようになった。
☑多少戻りもあるが、定期メンテナンスで回復が早い。
☑健康意識が変わった。
☑ヘルニアの痺れが消えた。

 

根本改善=自分の意識改革、という大前提のもと、スタッフ一同お役に立てるように頑張ります。