頚椎症

 

このようなお悩みはありませんか?

☑ 季節や気温、気圧の変化で痛みが出る。
☑ 非常に肩が凝りやすい。
☑ 寝違えを頻発する。
☑ どんな枕を使ってもしっくりこない。
☑ 整形外科で「椎間関節が狭くなっている」と言われた。
☑ 首の牽引をしても良くならない、または悪化した。

 

頚椎症の原因

頚椎症は、日常生活の歪みによるところが大きい症状です。年齢による変形も、原因はそこに行きつきます。

具体的には、寝る姿勢、デスクワークなどの姿勢、テレビを見る姿勢、本を読む姿勢、首を自分でポキポキ鳴らす癖がある、スポーツや仕事で首に過度な負担がかかる、過去に事故等でむち打ちになった、ストレスを感じやすい体質である、ストレートネックと言われた、などが挙げられます。先天的に頸椎に負担がかかりやすいようなものもありますが、多くは後天的なもので、不良姿勢やアクシデントでなってしまいます。

頚椎の使い方に問題があることを認識できずに、症状が強く現れてから来院されるパターンが非常に多く見受けられます。

 

一般的な治療

一般的な治療としては、低周波治療を行い、患部を温め(場合によっては冷やすこともある)、頚椎の牽引をすることもあります。

痛み止めや湿布をもらい、「様子をみて下さい」と言われることもしばしばです。

患部をマッサージし、一時的に楽になるような慰安的な要素が強く見受けられます。

 

当院の治療法

 

頚椎症に対する当院の治療としましては、DRT療法による背骨と頸椎、仙骨の調整により、関節のサブラクセーションを整えることにより、症状改善を目指します。

サブラクセーションの問題とは、脱臼までとはいかないものの、関節のかみ合わせに問題が異常があることを指します。

そうした関節のわずかな狂いを調整し、疼痛軽減や可動域の拡大・維持を目指します。
定期的な調整は必要になりますが、今までよりも痛みの質が軽減する人も多くいらっしゃいます。

場合によっては数回の調整で痛みが全く無くなる人もいます。
それに加え、日常生活での注意点を個別に指導差し上げますので、それをしっかり守って頂ければ、きっと今まで以上の状態になるでしょう!