自律神経失調症

 

こんなお悩みはありませんか?

☑ めまい、耳鳴り、だるさ、感じるときがある。
☑ 睡眠の質が良くない、寝つき寝起きが悪い。
☑ 眼精疲労、頭痛、極度の肩こり、腰痛がある。
☑ 便秘、胃もたれ、動悸、生理痛などがひどい。
☑ 誰にも理解してもらえない体調不良がある。
☑ うつっぽく感じることがある。
☑ 精神的または肉体的ストレスを感じやすい。
☑ 事故のむち打ち以来、体調がすっきりしない。

 

自律神経失調症とは

内臓を司る神経の総称を自律神経と呼び、交感神経と副交感神経とに分けられます。
現代において、交感神経が優位になる(体が戦闘体制)状態が続くことにより、上記のような不具合が出てきます。心からリラックスする時間が短かったり、そもそも時間が取れないことにより、脳と体が休めない状況になります。

 

 

自律神経失調症が起こる原因

家庭環境、職場(学校)環境などの影響で、精神的ストレスを強く感じていると、脳及び内臓の働きが低下します。
また、体の歪み、偏った栄養、運動不足、夜型の生活をしていても自律神経は乱れていきます。

 

自律神経失調症と当院の施術について

 

まずは体の歪みを正し、それを維持するための姿勢指導を行います。特に脳と脊髄は、頚椎・背骨・骨盤の物理的負担によっても働きが乱れますので、それを調整します。
必要に応じて、内臓を温める超短波治療や、栄養・運動・生活サイクル指導も随時行っていきます。