腰椎椎間板ヘルニア

 

 

このようなお悩みはありませんか?

☑ 腰から脚にかけて痛みが出る。
☑ 坐骨神経痛を発症していると言われた。
☑ 整形外科で、背骨と背骨の間が狭くなっていると診断された。
☑ 椎間板ヘルニアと言われたが、コルセットで様子を見ている状況。
☑ せめてもう少し症状が緩和しないだろうか。
☑ 手術と言われたが、なるべく手術はしたくない。

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因

腰椎への過度な負担が主な原因となります。

重量物をたくさん上げ下げしたり、スポーツで無理な姿勢を強いられたり、などが真っ先に挙げられます。

不良姿勢により、腰椎への一点集中の負担も、過度な負担と言えるでしょう。

骨盤が後傾した、いわゆる猫背姿勢で、腰椎で支えるような座り方をする方に多く見られます。
長時間のデスクワークの方、長距離ドライバーの方、自宅でソファーを多用する方など、ダイナミックな動きが無い方でも、ヘルニアは発症します。

また、地べたにじかに座る方もなりやすい傾向にあります。

あぐらをかいて骨盤が歪んだり、正座崩れの横座りなども、ヘルニアを発症する原因と言えるでしょう。

 

一般的な治療

一般的な整骨院さんでの治療としては、腰部から坐骨神経のラインにかけて、電気治療を行います。

また、腰椎周りの筋肉を軽めにマッサージし、坐骨神経ラインの筋肉も、出来る範囲でマッサージすることが多いようです。

整形外科におきましては、コルセットの処方のち、痛み止め(飲み薬)服用と、ブロック注射をすることもあるようです。

病院や医院によっては、腰椎の牽引を行うこともあります。

 

当院の治療法

 

加藤整体院における腰椎椎間板ヘルニアへの対応は、基本的にはDRT療法により、骨盤・背骨・頸椎を整える治療となります。

背骨と背骨の間からはみ出たヘルニアが、周囲の組織に自然吸収されていくのを促します。

正しい背骨と骨盤の使い方をマスターしてもらい、それを日々の生活で徹底してもらうようになります。

また、股関節や大腿部の筋肉が固いと、坐骨神経痛の症状がひどくなってしまうことになります。

その場合は、坐骨神経痛専用のストレッチもお教えしますので、ご自分でやって頂くと治療効果が高まっていきます。

ヘルニアの発症したばかりと思われる、疼痛がひどいものに関しては、一度紹介状を書いて医療機関へ紹介させて頂くこともあります。

手術適応でないと診断された場合に、当院で治療を開始するようになります。

手術を勧められた方でも、手術したくないとのことで、当院の治療を受けにいらっしゃる方もいます。

まずはご予約の上ご来院頂ければと思います。

電気治療としては、疼痛激甚の初期時は微弱電流を使い、症状の改善に合わせて深部へ作用する立体動態波を使用していきます。

状態に応じて適切なものを選んでおりますのでご安心下さい。

腰椎椎間板ヘルニアは、電気治療よりも、背骨と頸椎の調整に治療の配分を置きます。
正しい体の使い方をしっかり実践し、治療期間と回数を守って、早めの回復を目指しましょう。