腰椎分離症・すべり症

 

 

このようなお悩みはありませんか?

☑ 分離症と診断され、腰痛の中スポーツをやっていている。
☑ 分離症と言われたが、様子を見る以外に何もしてもらえなかった。
☑ 分離すべり症と診断されたが、仕事やスポーツを続けていいのか。
☑ すべり症と言われ、ひどくなったら手術と言われた。
☑ 慢性腰痛を抱えているが、病院で検査を受けたことがない。
☑ 以前から腰から脚にかけて痛みや痺れがある。

 

腰椎分離症・腰椎すべり症の原因

腰に過度な負担がかかることが大きい原因です。

仕事で重量物を持ち上げたり、疲労の中スポーツを続けていたりなどです。

元はと言えば、体が固いことが、腰椎に負担が集中しやすい要因でもあると言えます、その中でも特に股関節と太ももの筋肉が固いことにより、前かがみや後ろへののけぞりに関して、腰椎だけで動作を行ってしまうことがあるようです。

本来、骨盤も一緒に前屈や後屈に動きに参加するはずなのですが、太ももの筋肉や腸腰筋(骨盤の中の筋肉)が固いことにより、腰椎やその他の背骨だけで動かなければならないため、結果的に腰椎に負担がかかるというメカニズムになります。

腰椎分離症を、腰の骨の疲労骨折と表現するドクターもいらっしゃいます。

参考ではありますが、椎間板症も似たような機序で発症します。

 

一般的な治療

一般的には、電気治療を行い、腰椎周りの固くなった筋肉のマッサージを行います。

中には、ハムストリングスや大腿直筋付近もマッサージをしてくれるところもあるかと思います。

疼痛緩和をしながら、しばらく来てみて、というアバウトな通院になることが多いように見受けられます。

整形外科におきましては、コルセットの処方と局所の注射を行うこともあるようです。

運動制限は、状況に応じて言い渡されるようです。

分離症に関しては、手術なしで経過観察になりますが、すべり症で脊柱管狭窄を伴っているものは、手術も勧められます。

 

当院の治療法

 

 

加藤整体院における腰椎分離症・すべり症の治療に対する考え方は、他の症例とさほど変わりません。

分離症で骨が完全に分離したものは、当院では残念ながらくっつきません。

そういった点では、当院で治せるものと治せないものはあるのですが、骨が変形したり、後遺症的になった骨折の後などはそれに該当するため、そういうものは治療の対象外となります。

「骨をくっつけて下さい」という要望は、大変申し訳ありませんが手術して頂きます。

さて、分離症すべり症ですが、やはり骨盤・背骨・頸椎の調整を行います。

体の大黒柱がスムーズに動き出すことで筋肉が緩み、痛みが緩和してくるのと同時に、本来あるべきポジションに、腰椎が収まってくることが期待できます。

特にすべり症は、椎体そのものが前に出ていますので、当院のDRT療法を繰り返すうちに、状態の安定化を図る必要があります。

当院でも、固くなった筋肉に対し、電気治療を施します。

炎症がひどい場合は微弱電流をメインに、慢性的なしこりがある部位には超音波を、深部の筋肉には立体動態波を、局所的な固さにはハイボルテージを使用します。

症状の回復に合わせ、ストレッチ指導も行っていきます。

分離症・すべり症でお困りの方は、当院のDRT療法をぜひ試して頂きたいと思います。

初回にお客様に納得の出来る結果を出して差し上げること。

加藤慎也院長
加藤慎也院長

「どうすれば、早く改善されるか」というシンプルな考えのもと、日々技術の研鑽や微修正を行っております。私が一番得意とするのは、背骨矯正と患部への直接治療の併用による、痛みの除去です。手の力だけよりも、特殊な電気治療を併用すると、改善力が高くなります。百聞は一見にしかず、是非体験にいらして下さい。 加藤整体院へ初めてお越しになられる方は、初めての方へのページをご覧ください。

加藤整骨院・整体院へお任せ下さい!

交通事故専用受付時間:19時半まで 休診日:木、日、祝がお休みになります。

受付時間
9:00~19:00///

土曜:9:00~14:00

※当日でない予約変更・キャンセルは、LINEより承ります。 ※お急ぎの方は、お電話でご予約・ご相談ください。 ※LINEを使用されていない方はお電話にて対応させていただきます。 ご協力の程、よろしくお願い致します。