肉離れ

 

このようなお悩みはありませんか?

☑ スポーツで肉離れを起こした。
☑ 肉離れをしたまま無理をしているので、中々治らない。
☑ 現役最後の試合に何としてでも出場したい。
☑ この先を競技を続けるので、しっかり治したい。
☑ 過去にも肉離れしているので、予防メンテナンスをしたい。
☑ 整形外科で痛み止めと湿布をもらったが、もう少し何とかならないか。
☑ 肉離れをしやすい体質だが、体の歪みが影響している気がする。

 

肉離れの原因

肉離れは、体のコンディションが大きく影響します。

肉離れの程度は、大きく3段階に分けられます。

1.筋膜・筋肉が炎症を起こしている程度のもの。
2.筋膜・筋肉が部分的に断裂し、損傷しているもの。
3.筋膜・筋肉が目視で凹みを確認出来るくらい、ひどく損傷しているもの。

 

この3つです。

1と2、または2と3の間の症状もしばしば見られます。

打撲との決定的な違いは、打撲は外的な要因で筋肉や関節を痛めることに対し、肉離れは、内的な要因(自分自身の問題)に起因することが主な原因となります。

元々筋肉や関節が固い遺伝的な体質もあれば、筋力低下を起こして筋肉が固くなっているものもあります。

または単純な使い過ぎにより炎症を起こし、亜急性または慢性の肉離れを起こしているものもあります。

また、歪みが原因で一点集中の負担が断続的にかかり、筋肉が固くなって発症することもあります。

いずれにしても、「筋肉の固さ」が原因になります。

いかに筋肉のコンディションを上げ、緊張状態を改善させていくかが大事になります。

 

一般的な治療

電気治療を行い、患部に湿布を行い、伸縮包帯を巻いたり、テーピングを施すことが一般的です。

回復期においては、患部のマッサージを行い、状況に応じてストレッチを行います。

整骨院によっては、ただ患部をさする程度で終わってしまう場合もあります。

整形外科においては、痛み止めや消炎鎮痛剤を処方することが多いです。

本当にひどいものは手術もあり得ます。

 

当院の治療法

 

肉離れにおける当院の治療としては、一般的な治療を踏襲するのですが、電気治療の種類の多さが加藤整体院の売りの一つです。

つまり、患部の状態により、最適な周波を選び、その方が一刻も治りが早くなるものを選択することができます。

それに加え、それぞれの体質に合うものも考慮し、電気治療一つを取ってもあくまでオーダーメイド的なものを選んでいるのです。

具体的には、標準的な低周波、深部にしっかり作用する立体動態波、疼痛軽減に即効性の高いハイボルテージ療法、電気治療が苦手な方には微弱電流、または疼痛が甚大な新鮮外傷に対しても微弱電流を使います。

筋肉の中にしこりが見受けられる場合は特に超音波を使用することもあります。

それぞれの電気療法の中にも、細かな設定がありますので、状況に応じて患者様に対する最適なものを選べるのです。

ここまで充実しているのは、中々ないと自負しております。

また、体の歪みを正す治療は避けて通れません。

原因は自分自身にあるのですから、いかに自分のコンディションを上げていくかが大事になります。

歪みがある状態というのは、理想的な筋肉の状態にはなりづらいものです。

いわゆる猫背で骨盤が後傾している状態では、太ももの裏(ハムストリングス)が固くなり、肉離れを起こしやすくなります。

頚椎、背骨、骨盤の体の大黒柱を整え、睡眠をしっかり取り、無理をしてでも試合に出るのか、まずはしっかり治すのか、しっかり目標を設定するカウンセリングも大事にします。

「無理をする」「無理をしない」は、最終的に患者様の判断になります。

もちろん、原則的には無理をせず最短で治すことを目指してはいますが、私たちは、患者さんのニーズにお応えするだけです。

その辺も踏まえ、当院にご相談頂ければ幸いです。