産後骨盤矯正

米沢市の皆さま!このようなお悩みはありませんか?

  • 産後、腰痛恥骨痛がある
  • 股関節や膝が痛くなり、むくみやすい
  • 尿もれ便秘がちになった
  • 食事や運動に問題があり、体重が大幅に増えた
  • 肩コリ、頭痛、腱鞘炎、ストレスがひどい

産後症状の原因

産前は、赤ちゃんがお腹にいる影響から、骨盤が後傾気味に座るようになります。インナーマッスル(大腰筋・腸腰筋)が次第に筋力低下を起こし、尿もれや便秘などを引き起こします。

骨盤イラスト

出産時は、骨盤の開きにより恥骨結合に負担がかかり、恥骨部の痛みをしばらく抱える人もいます。

産後は、出産前の悪い姿勢習慣がそのまま引き継がれてしまい、インナーマッスルが鍛えられることなく時間経過して固まってしまうことが多々あります。
これにより、出産以来尿もれがひどい、または便秘がちになった、お腹がポッコリしてきた、などの症状に繋がってしまいます。骨盤が後傾したままですので、お尻の筋力も弱って固くなり、脚のむくみも出やすくなります。

また、産前産後のストレスから、食生活の乱れ、食事量の影響で、大幅な体重増加してしまうケースも多いです。運動不足になることもあります。

各症状

当院の施術

もうあきらめなくていい!産後のお悩み解決!産後骨盤矯正3つの手技

ポイント1

DRT療法による頚椎・背骨・骨盤の安定化を図る。骨盤を起こし、猫背を矯正していく。
脳のシステムを再起動し、ストレスを軽減させていく

ポイント2

調整の効果を最大限に維持するための、普段からのセルフケア・姿勢指導の徹底。必要に応じ、食事指導。ダイエットコース案内。

ポイント3

JOYトレでインナーマッスルを鍛え、尿もれや便秘などを解消し、姿勢を整えて代謝を上げやすくする。