変形性腰椎症

 

このようなお悩みはありませんか?

☑ 整形外科のレントゲンで変形していると言われた。
☑ 圧迫して潰れているところもあるようだった。
☑ 変形性腰椎症と言われたが、痛み止めをもらっただけだった。
☑ 年齢の影響と言われたが、もう少し何とかならないだろうか。
☑ これ以上症状が悪化するのだけは避けたい。
☑ 痛みが改善したら、趣味に打ち込みたい。

 

一般的な治療

一般的な整骨院さんでは、おなじみの電気治療と、患部周辺のマッサージを主体に行うことが多いです。テーピングで動作を保護することもあります。

「筋トレをするといいでしょう」という漠然としたアドバイスで、具体性がない場合もあるようです。

整形外科における治療としては、痛み止めやブロック注射、腰椎の牽引を行うようです。

改善が見られない場合は、骨棘を削る手術なども検討されるようになります。

 

当院の治療法

 

変形性腰椎症における当院の治療は、DRT療法によって骨盤・背骨・頸椎を整え、脊椎一つ一つがもっとも可動しやすいところに、かみ合わせを整えるという方針の元に行います。

変形している箇所の周辺だけをマッサージしても、気持ちはいいでしょうが一時しのぎの感覚に近くなります。

電気治療も併用致しますが、最適な種類はこちらの判断で選びます。炎症が強い場合は微弱電流を使用し、深部に作用させたい場合は立体動態波、その他の場合は干渉波治療機器を使用します。自律神経を乱している場合は、超短波を使うこともあります。

とはいえ、根本的に痛みを減らすためには、体の大黒柱を整える必要があります。

特に頸椎に歪みが見られることも多いため、頚椎の歪みを意識した姿勢をとる必要もあります。

同時に骨盤を意識した座り方で、腰椎にかかる負担を減らす必要があります。

そしてその座り方そのものが、実は筋トレにつながったいくのだ、ということを、模型を使ってお教えさせて頂きます。

初回カウンセリング時に、これをしっかりご理解頂くことが、治療を進めていく上で必要不可欠になりますので、自分自身の努力も必要になる、ということをあらかじめご了承ください。

また、背骨の調整で、その場で楽になっても、決して油断できません。状態は必ず上がり下がりします。

そしてその場で症状に変化が無くても、歪みのポイントさえ押さえていれば、必ずあとから変化はついてきます。

年齢、性別、仕事、発生してしまった経緯などを全て踏まえた上で、オーダーメイド的な対応をします。

是非ご相談下さい。高齢者の方は、初回は必ずご家族のお付き添いのもとご来院下さいませ。