四十肩・五十肩

 

このようなお悩みはありませんか?

☑ 数ヶ月前から肩が痛くて上げられない。
☑ 夜中や明け方に痛んで睡眠に支障が出る。
☑ 転んで肩を怪我(骨折も含む)してから調子が悪い。
☑ 以前、交通事故やスポーツで肩や首の大怪我をしたことがある。
☑ 痛みまでではないが、違和感がずっと続く。
☑ 整形で四十肩(五十肩)と言われて、湿布だけもらって来た。

 

四十肩五十肩の原因

四十肩五十肩の原因として、筋肉や腱、関節包が固くなってしまうことが挙げられます。

年齢的な変化もあれば、運動不足(腕を上に挙げる習慣がほとんどないことも含む)、元々遺伝的な要因があった、または極端な使い過ぎ、同じ動作を反復し過ぎ、転んで手をついて捻挫や骨折をした、などが直接的要因となり、肩が固くなってしまうのです。

また、原因不明で石灰沈着性腱板炎を発症し、激痛で救急車で運ばれる人もいます。

心理的ストレスの影響も、強く作用する場合があります。

 

一般的な整骨院の治療

一般的な治療としては、電気治療を行い、患部をマッサージします。

状況に応じてコッドマン体操など関節可動訓練を行います。

整形外科では痛み止めや消炎鎮痛剤を処方されることが多いです。

 

当院の治療法

 

加藤整体院の治療は、当院の治療のベースであるDRT療法で体の大黒柱を整え、体の自然治癒力を上げていくことが大前提になっております。

特に頚椎が歪むことで症状の回復が遅れ、また肩の可動範囲も悪い状態が続きやすくなります。

頚椎の歪みが改善されてくると、筋肉や腱、関節包が緩み、症状も緩和されて可動域も改善します。

同時に臀部や股関節も重要視していきますので、骨盤も同時に調整しながら、背部の筋肉も整えて、肩周りの筋肉への緩みも作っていくこともあります。

もちろん一回で完治とはいきませんが、一回の治療で手応えを感じて頂けるのではと思っています。

そして歪みが改善し、安定してくると、それにつられるように時間差で肩の症状も改善するようになります。

最短で後遺症のリスクを極力避けながら治すには、やはり頚椎と背骨と骨盤の調整が不可欠になります。

状態に応じ、患部に超音波やハイボルテージを使用することもあります。

そして、最終的には再発予防メンテナンスを推奨しておりますが、まずは段階を追った治療が必要となります。

初回にお客様に納得の出来る結果を出して差し上げること。

加藤慎也院長
加藤慎也院長

「どうすれば、早く改善されるか」というシンプルな考えのもと、日々技術の研鑽や微修正を行っております。私が一番得意とするのは、背骨矯正と患部への直接治療の併用による、痛みの除去です。手の力だけよりも、特殊な電気治療を併用すると、改善力が高くなります。百聞は一見にしかず、是非体験にいらして下さい。 加藤整体院へ初めてお越しになられる方は、初めての方へのページをご覧ください。

加藤整骨院・整体院へお任せ下さい!

交通事故専用受付時間:19時半まで 休診日:木、日、祝がお休みになります。

受付時間
9:00~19:00///

土曜:9:00~14:00

※当日でない予約変更・キャンセルは、LINEより承ります。 ※お急ぎの方は、お電話でご予約・ご相談ください。 ※LINEを使用されていない方はお電話にて対応させていただきます。 ご協力の程、よろしくお願い致します。