側弯症

側弯症に伴う痛みは、多種多様で個人差があります。

右側弯は、右側に左側弯が左側になっているような単純なものではなく、
どちらかと言えば個人個人の日常生活習慣に影響されるものが多いです。

側弯症だからと言って、治療方法が変わることはありません。

原則的には、第二頸椎の歪みをチェックし、骨盤(仙骨)、背骨を整えていきます。

患者さんの痛いところ(主訴)を直接追いかける治療ではないので、
施術者目線でチェックポイントが術前に比べて軽減していれば、調整は終了します。

つまり、背骨骨盤ラインは真っすぐに整い、自然治癒力が活性化し始める、ということです。

 

また、これは側弯症の方に限った話ではありませんが、その場で症状が取れる人もいれば、症状が残る人もいます。

ただ、施術者目線で歪みが取れていれば、時間差はあれども必ず症状は改善してきます。
適切な治療回数と、多少の日数が必要です。

最後になりますが、側弯症は、側弯症そのものが治るわけではないことをご理解下さい。
痛みを伴う症状であれば、その症状の改善は期待できます。

しかし、病的または先天的に曲がったものを真っすぐにするには、原則手術が前提になります。

側弯症を正しく理解し、痛みのない毎日にするためのお手伝いをさせて頂くのが我々の役目です!

 

初回にお客様に納得の出来る結果を出して差し上げること。

加藤慎也院長
加藤慎也院長

「どうすれば、早く改善されるか」というシンプルな考えのもと、日々技術の研鑽や微修正を行っております。私が一番得意とするのは、背骨矯正と患部への直接治療の併用による、痛みの除去です。手の力だけよりも、特殊な電気治療を併用すると、改善力が高くなります。百聞は一見にしかず、是非体験にいらして下さい。 加藤整体院へ初めてお越しになられる方は、初めての方へのページをご覧ください。

加藤整骨院・整体院へお任せ下さい!

交通事故専用受付時間:19時半まで 休診日:木、日、祝がお休みになります。

受付時間
9:00~19:00///

土曜:9:00~14:00

※当日でない予約変更・キャンセルは、LINEより承ります。 ※お急ぎの方は、お電話でご予約・ご相談ください。 ※LINEを使用されていない方はお電話にて対応させていただきます。 ご協力の程、よろしくお願い致します。