ぎっくり腰

 

こんなお悩みはありませんか?

☑重いものを持ったときにグキっと腰が痛くなった。
☑前かがみやしゃがみ込みなどに不安がある。
☑くしゃみ・せきの拍子にピクッと痛めた。
☑仕事柄、同じ姿勢で時間が長い。
☑整形で骨には異常無しと言われた。
☑とにかくしょっちゅうギックリ腰になる。
☑根本的にもっと何とかならないものか。

 

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰には、原因があります。椅子からの立ち上がりや、前かがみで荷物を持ち上げたとき、くしゃみやせきなどでも起こります。

なりやすい要因として、普段からの姿勢が良くないことが挙げられます。
骨盤・背骨・頚椎の、いわゆる「大黒柱」が歪んでおり、患部を痛めやすくなっています。

同時に、疲れを慢性的に溜め込む体質の方は、さらにギックリ腰の発生を助長する傾向にあります。

疲れや歪みをリセットする、という予防の意識が希薄な方は、ギックリ腰を繰り返しやすい傾向にあります。

 

一般的な整骨院の治療

一般的な整骨院・接骨院では、低周波の電気治療を施し、患部をさすって湿布を貼る、というやり方が多いです。

痛みの大元である姿勢の改善や矯正は、ノータッチになる場合がほとんどなのです。通院の仕方は、「良くなるまでしばらく通院して下さい」といった、漠然とした指導が多いようです。

 

当院の治療法

 

米沢市の加藤接骨院・整体では、もっと根本から改善させようということで、姿勢の矯正を最重視しております。

メイン手技のDRT療法で、体の大黒柱である骨盤・背骨・頚椎を整え、姿勢指導や体の使い方指導を行い、患者さんの自然治癒力を最大引き出すという方針です。

時にはバキバキ系の矯正をすることもありますが、突然することはありませんので、ご安心下さい。

 

物療としては、急性期の方には、特に立体動態波や微弱電流、ハイボルテージを使用します。

体の深部に対してアプローチしたり、あえて感じない程の微弱な出力にしたり、電圧を高めに設定したり、と、より早く結果が出るように、そしてそれを再発しないように導いていくのが、我々の使命と思っています。

1回2回で完治するような治療ではありません。

 

姿勢の改善や、体との向き合い方(体を実際に操る患者さん自身の考え方)という根本的な原因にアプローチしていくものですので、一定期間と一定治療回数が、絶対に必要になります。

ただし、一般的な整骨院接骨院と同じようなやり方でなく、通院期間と通院回数をしっかり定めて、その中で問題を解決していく、という手法です。
良くなるまで通院する、というのは、例えるなら「ゴールのないマラソン」です。途中で走るのをやめたりしたくなるものです。

加藤接骨院・整体では、例えば1か月で10回のように期間と回数を定め、そのゴールに向かって患者さんと一緒に走る、というような二人三脚的方針で治療を行います。

表面的な解決でなく、根本的な解決を目指し、一緒に頑張りましょう!