スポーツ障害|加藤整体院・接骨院

スポーツ障害

 

スポーツ障害の症状の原因は、歪み

スポーツ障害の原因も、やはり体の歪みから発生することが多いです。まずは代表的なところを挙げていきます。シンスプリントは、偏平足によって脛の内側に負担がかかり、骨膜の炎症を発症します。正式には「脛骨疲労性骨膜炎」といいます。ドクターによっては、「脛骨の疲労骨折」と表現する場合もあります。骨がボッキリ折れているわけではありませんが、やはり注意が必要です。ただ、運動できる範囲であれば多少はやっても大丈夫です。

 

 

背骨を整え、体のバランスが整うと、患部への負担が減ります。

腰痛、肩こり、むちうちなどと同じですが体の歪みが改善されると痛みの患部への負担が減ります。例えばオスグッド病は、太ももの筋肉が固くなって、膝に負担がかかっているのが原因です。患部への直接的な治療と、やはり背骨の矯正を併用することで、治りが格段に良くなります。症状は、当院の場合最短で1日、最長で2か月で痛みがほぼ取れております。競技中にぶつけ、患部を再発するケースも見られますので、痛みが出たときに治療するだけでも、競技を続けやすくなるものと思います。

 

筋肉が固くなるとテニス肘になりやすい

テニス肘は、手首と前腕の使い過ぎによって症状を発症しますが、痛みが出る人は、大抵筋肉が固くなっている人です。やはり突き詰めれば背骨の歪みが全身の筋肉の緊張を強くして、患部の負担が軽減しますので、極端に言えば、軽度のテニス肘なら、患部を触らずに背骨を調整するだけで症状が改善します。

 

 

症状の疲労を回復させる

他には、足底腱膜炎や、各部位の腱鞘炎、頚椎症、腰椎分離症・すべり症、ランナー膝、ジャンパー膝、フットボーラーズアンクル、野球肘・肩なども、直接的アプローチと、背骨の矯正を併用することで、症状が改善回復していきます。こちらの症状も、患部に触らずに背骨矯正で改善することも多いです。

 

症状がある程度回復しても、定期的なメンテナンスは必要になります。スポーツは激しい動きの連続で、自分の気づかない間に患部を痛め、痛みを蓄積し、再び悪化してしまうことがあるからです。痛くなりすぎる前に、治療を心掛けましょう。

多少の痛みを感じたら、それはすでに炎症が出ているサインです。ほっとかずに今すぐに対処しましょう。予防に勝る治療はありません。

 

当院へのアクセス