むち打ち治療|加藤整体院・接骨院

むち打ち治療

 

 

 

 

むち打ち症は、たくさんの症状を発症させます。

後方もしくは側方からの追突の衝撃により、首がムチのようにしなりながら筋肉と関節を損傷するのが「むち打ち損傷」です。通常の首の捻挫との違いは、関節を目一杯しならせながら痛めてしまうため、損傷個所が深いところ(深層の筋肉、関節の歪み)にあったり、損傷範囲が広かったり、損傷自体がひどく重度の場合だったりと、いわゆる「重症」になります。

 

治療としては、まず安静をたもち、患部に対する直接的な抗炎症治療を行います。状況により、マッサージを行い、首と背骨の矯正を行い、筋肉の緊張を取り除くようになります。後遺症になりやすい損傷ですので、受傷後しばらくは通院して頂き、関節のわずかな歪みを修正しながら、炎症を抑え、筋肉をほぐしていかなくてはなりません。同時に後遺症が出ないように、他の部位も注意深く観察する必要もあります。

 

 

 

同時に、自律神経の乱れが発症する方もいますので、そちらもケアする必要があります。具体的には、突然の震え、悪寒、吐き気、頭痛、夜眠れない、便秘などです。むち打ちに伴う異常なほどの肩こりも、自律神経の乱れが原因の場合もあります。今まで、肩こりをしたことが無い方でも、むち打ち損傷をきっかけに出てしまうことも多いです。自律神経の乱れは、治療が非常に繊細で難しいですが、当院の施術で大部分の方は改善します。

 

むち打ちの治療は、特にお早目の対策が重要です。治療開始が遅くなると、治りが遅くなることが多いからです。整形外科等で検査を受けたあとは、当院の治療にお任せ下さい。

 

むち打ち治療

信号待ちで停車していたら急に後ろから追突されてしまった…というような追突事故。車が少しへこんだ程度で身体は特に痛みも無いから良かった、と安心できません。こういった追突事故では、後から急に痛みや痺れ、頭痛、めまい、吐き気などといった症状があらわれてくることがとても多いのです。 こうした症状が出てから慌てて病院にいって「むちうち症」という診断を受けても、首が痛いときにはシップや痛み止めの薬が処方されて、安静にするようにという指示だけで治療が終わってしまうということも御座います。

 

痛み止めの薬を飲んでいるときは痛みが和らぐけれども、効果が切れればまた痛み出してしまって、再びお薬をもらいに病院に行く。こうした繰り返しを続けているだけでは、むちうち症を治すというのはなかなか難しいのです。

 

病院ではレントゲンやMRI、CTスキャンなどを使って細かく検査をされるかと思いますが、それでもむちうち症の原因を突き止めるということが出来ないので、単なる対症療法しかしてもらえません。本当につらい症状を解消するためには、原因を見つけ出していくということがとても大切になります。

 

骨には原因が無かったとしても、骨格の微妙なズレや筋肉の緊張が起こっており、これを米沢市松が岬の加藤整体院では専門家の触診や問診などを通して見つけ出していきます。目には見えない、機器にも写らないような原因も柔道整復師であればきちんとした判断が出来ます。 

 

一言でむちうち症と言っても、患者様によって原因となっている部分が違っていたり、痛みの程度や範囲、その他の症状にも違いが御座います。そういった部分を見つけ出して、改善させていくことが出来るのがやはり人間の「手」の力、手技が必要です。

 

 

米沢市松が岬の加藤整体院での交通事故治療は、手技療法をメインとしており、機械では出来ない微調整を加えながら身体のバランスを正常な状態へと戻していくことが可能なのです。また、見た目には分からない怪我ですので、本当に身体がつらいのにも関わらず誰にも理解してもらえないということもあるでしょう。周りから、どうせ大したことないだろう、と言われたとしても無理は禁物です。

 

軽い症状であっても、一人で抱え込まずにお早めに米沢市松が岬の加藤整体院までご来院ください。当院での治療によって効果を実感していただいて、心の負担も軽減できるようにスタッフ一同が心身共にサポートさせていただきます。

 

当院へのアクセス