頭痛は薬で治るのか?|加藤整体院・接骨院

頭痛は薬で治るのか?

頭痛に悩む方は多くの場合、鎮痛薬を服用します。

 

生活、仕事に家事、育児、学業…忙しい理由は患者様それぞれではありますが、共通しているのは、頭痛が起こったからといって、すぐに休める環境には、なかなか身を置けないのが現実ではないでしょうか。ですからどうしても鎮痛薬の出番は多いものです。

 

薬の害を嫌って、我慢している方ももちろんいらっしゃいますが、その場合、するべき事が非効率となってしまいますし、そもそも頭痛というものは耐えがたい激痛である症例が大半を占めるためどうしても、痛んだら即、鎮痛剤を服用の傾向があるのは否めません。

 

それでは、はたして頭痛は鎮痛薬で治るのでしょうか?
痛みが取れたのなら、それは治ったと思って良いのでしょうか?

 

答えは残念ながら違います。

 

 確かに、頭痛の種類によっては痛みの大半が消失するため、痛みに対しては効いていると言って良いでしょう。正しくは「対症療法の一種としては機能している」 という言い方が適切です。

 

しかし、その根本的な治療効果はどうかといいますと、それはほとんどの場合、効果はありません。その頭痛を引き起こしている肩こりや血管拡張といったさまざまな問題を、鎮痛薬が治しているわけではありませんので当然のことながら、薬が切れれば痛みは復活してしまいます。

 

そして、そもそも薬の効かないタイプの頭痛であった場合は、飲んでも飲んでも効かず、根本的な原因を診察していない場合、薬の量だけがやみくもに増えてしまうといった一番厄介な状態に陥ってしまいます。これはたいへん危険な事で、即刻薬を中止しなければなりません。

 

治療効果がないということだけでも残念なことですが、もっと困った事には、薬の効きめでいったん症状は軽くなっても、あるいは効かなくて大量服用してしまっている状態でも変わらず重大な問題が残っているのです。

 

それは、副作用です。

 

主な副作用は肝臓への負担です。薬の多くは肝臓で代謝されるため、飲みすぎると負担になり、それが引き金となって別の体調不良につながることは鎮痛剤も例外ではありません。肝臓への負担は、とかくアルコールの摂取のしすぎが取り沙汰され、良く知られています。

 

しかし、アルコールも薬も、肝臓がフル稼働して代謝することは変わりません。頭痛を治したい一心で服用している鎮痛薬が、別の疾患を引き起こす原因となっては、元も子もありませんね。

 

ずっと付き合って来たものだから… これくらい大したことはないから…

 

ついついそう思って、放置してしまった頭痛のつらい頭痛の症状を放っておくことなく、一刻も早く専門医療機関で、ご自分の頭痛の傾向と原因を突き止め適切な治療を開始いたしましょう。

 

当院では、そんな患者様のご相談を親身になってお伺いし、ご一緒に改善に向けた治療をさせて頂きます。頭痛のために漫然と鎮痛薬を使用し、身体のどこかを犠牲にするのではなく、そもそもの根本原因を治療し改善することで、今よりもっと快適な毎日を手に入れられるはずです。

 

当院へのアクセス