60代女性、膝の痛み(内側半月板、内側側副靭帯の損傷)の場合。|加藤整体院・接骨院

60代女性、膝の痛み(内側半月板、内側側副靭帯の損傷)の場合。

2016年9月17日 : 一般治療

おはようございます。

米沢の加藤接骨院・整体院です。

 

今日は、膝の内側半月板及び内側側副靭帯損傷の方の例です。

60代女性の方で、病院でリハビリをしていましたが、

治りが思うようにいかず、

昔当院に通院したことを思い出して下さり、

久々の来院となりました。

膝の屈伸運動や、足首の動きまで制限が見られるような状態で、

患者さん自身のお気持ちも、すごく焦っていらっしゃったのが

すごく印象的でした。

 

まず症状を伺うに、痛みは当初の半分くらいにはなってきたものの、

逆に言えば痛みは半分は残存しているということで、

「いつになったら痛みが消えるのだろう」ということで、焦っておいででした。

まずは、状態をチェックさせていただくことにして、

頚椎が歪んでいる感じと、大腿四頭筋部が緊張して固くなっているのがすぐにわかりました。

肩の筋肉(僧帽筋)と、ふくらはぎ・下腿三頭筋のも緊張が見られましたが、

思ったほど強い圧痛ではなかったので、

背骨を整えることで、症状は順調に改善するだろうな、という漠然とした見立てをしました。

 

治療に入る前に、

健康保険外にはなりますが、背骨の調整を行うことで全身が整って、結果的に脚の負担が減りますから、

一緒にやっていきます、とお伝えしました。

背骨の調整の同意を得たあと、

ベッドでうつ伏せになってもらい、

実際に調整させて頂きました。

 

終わったあとは、頸椎が歪んで痛かったところの指標が改善され、

その他の痛かった指標はすべてクリアになりました。

「多少痛い感じや違和感はあるでしょうが、起きてみて軽い感じがあればいいと思います」

とお伝えし、実際に起きてもらい、動作を確認してもらいました。

「うん、さっきより脚があげやすいし痛くない」

という感じでわかってもらえました。

 

ここからが重要です。

では、この痛みは、今後どのような経過をたどるのか。

治療はどのように進めていくのが望ましいのか。

これをしっかり説明しなくてはなりません。

 

大けがのリハビリが、1日2日で完了するわけではありませんので、

今終わって調子が良くても、生活習慣などによって疲労が脚に蓄積し、

症状が停滞することもあり得ますので、

2~3か月程度で12回程度を目安に治療しましょう、とお伝えしました。

 

実は今日5回目の治療が終わりまして、

脚の状態はかなり良くなってきているとのことでした。

最初の日から3回目くらいまでは、

まだ焦りの気持ちが強かったようですが、

私も根気強く説明させて頂きました。

「年齢とケガの内容を考えれば、もう少しかかりますから、

徐々に改善していくのがわかると思いますので、それを

楽しむくらいの気持ちでいきましょう!」

といった次第です。

 

焦りの気持ちは、いい結果を生みません。

私は、今までの経験と、確かな知識に基づき、

治療計画を立てております。

治療期間は多少前後することもありますが、

だいたい合ってます。

まずは一度お見せ頂ければ、

状態のチェック、治療方針をお話できます。

人気記事