股関節症、60代女性。隣町から。|加藤整体院・接骨院

股関節症、60代女性。隣町から。

2016年5月14日 : 一般治療

おはようございます。

米沢の加藤接骨院・整体院です。

 

今日の症例は、60代女性、股関節症による痛みです。

 

この方は、元々股関節の動きが悪く、可動制限が明らかな状態でした。

素人の方が見ても、明らかにわかると思います。

股関節症で動きが悪い方は、

農作業や草むしりなど、長時間しゃがみ姿勢を取ると、

普通の方がやるよりもだいぶ炎症を起こしやすい状態となります。

 

この方の場合も、まさにその状態で、

股関節の炎症が出てしまい、動きがさらに悪くなっていたようでした。

以前は、違う整体さんや、鍼灸なども利用していたようですが、

思うように良くならず、今回の痛みをきっかけに、

ご家族の方がホームページで当院を見つけてくれまして、

今回の来院に至りました。

 

まずは体幹部の動作を確認しまして、

腰そのものの動きは特に目立った悪さはありませんでした。

当院の行うDRT療法は、検査にて、首、肩、ふくらはぎの指標を特に重要視します。

この方の場合も、早速仰向けからやることにしました。

仰向けで、首右側に強い圧痛、僧帽筋の緊張を確認しました。

うつ伏せでも首、肩、ふくらはぎに圧痛がありました。

(ただ、そんなに強い痛みではありませんでした。)

この3か所が痛いということは、やはり背骨が歪んでいると判断できるのです。

 

 

ごく弱めに調整すること5分、

うつ伏せでの、首、肩、ふくらはぎは、「さっきより痛くない」というレベルに改善されました。

仰向けの状態では、「ほとんど痛くない」という状態まで改善されました。

股関節を少し調整し、

起きてもらって動きを確認してもらったところ、

だいぶ歩行がスムーズでした。

起きてもらったときの感覚でも、違いがわかったようでした。

自宅でやる臀部のストレッチを教えようとした際に、

脚を組んでもらったのですが、

「ああ、硬いな、脚を組むのがやっとだな・・・」と思っていたところ、

「あれ、脚が組める」と驚かれていたので、話を聞いてみたら、

ここ最近は脚をくむことすら出来ない状態だったとのことで、

さらに驚かれました。

今まで、整体や鍼灸に行かれていても、ここまで変化したのは

なかったそうです。

それが、たった1回の治療10分以内で変化したのですから、

驚くのも無理ないかもしれません。

 

2、3週間の間に5回治療に来てもらえれば、

だいぶ楽になるはずですよ、とお伝えしたところ、

しばらく毎日きます、と言って下さり、よっぽど変化がうれしかったのだと

推測しました。

 

私もここまで喜んでもらえるとうれしくなります。

今はよくても、本当にいい状態が定着し始めるには、

ある程度日数をかけたほうが絶対間違いないです。

人の体が変わって定着するまでには、何でも3か月くらいはかかるものです。

少し気長に症状を見ていきましょうと伝えました。

手術適応になりそうなボーダーラインの動きですが、

これから症状改善していくことを祈っております。

人気記事

Sorry. No data so far.