仙腸関節炎、腰痛症、野球少年のケース。|加藤整体院・接骨院

仙腸関節炎、腰痛症、野球少年のケース。

2016年5月7日 : 一般治療

おはようございます。
米沢の加藤接骨院・整体院です。

今日ご報告する症例は、高校野球少年の仙腸関節炎です。

ある朝、起きたら腰が痛くなっていたとのことで、
その日のうちに整形外科を受診され、レントゲン
検査を受けました。
腰椎4-5の間が少し狭いかな、と診断されたようです。
その日はシップを処方されて終わりました。

でも痛い。

ということで、連休の中日でしたが、
親御さんが心配されて、当院に電話を下さりました。
一年前に手首と太もも肉離れで通院歴があり、
話がスムーズでした。

たまたまその日その時間に、私は事務仕事と
周りの草むしりをしていまして、院内にいましたから、
今すぐでしたら大丈夫ですよ、とお伝えして、
すぐに来てもらいました。

そして実際来院され、問診して状態を確認したら、
腰椎4-5は多少の圧痛でしたが、
仙腸関節に炎症が強く出ている状態でした。

動き自体に制限はないのですが、
各方向への運動痛がありました。
とくにしゃがみ姿勢からの起き上がり立ち上がりが
痛いようでした。

今日は時間に余裕があったので、
治療前に親御さんの前で症状の解説をしました。
1、仙腸関節の炎症があること
2、炎症が落ち着くまでの数日間湯船は控えること
3、姿勢が悪く、股関節が硬くなっていること
を伝えました。

これから大事なことは、
1、背骨骨盤を調整し、いい状態に保つ訓練をすること
2、硬くなっている筋肉の、局所的なストレッチを
徹底すること
3、練習はやってもいいが、全力ではなく7割程度の力で、二週間は別メニューにて行うこと
これを守ってもらうようにしました。

あとはその間数回調整すれば、
ほぼ良くなるものと判断しました。

説明から入り、実際体の歪みを現す首、肩、
ふくらはぎの三大指標を確認しました。
首肩の痛みがだいぶひどい状態でした。
ふくらはぎは想像よりも痛みは少ないようでした。

そして例の如く仙骨と背骨を調整。
約5分後、同じく指標を確認していったら、
首、肩、ふくらはぎとも問題無い状態でした。
仰向けで首の状態を確認したら、これは
全く痛く無いということでした。

施術後は、腰の動きは改善し、痛みも軽減しました。

この状態をなるべく保つためには、
姿勢のとり方とお尻の筋肉のストレッチが重要です。

正しい座り方と、座位でのストレッチを教え、
それを次回の来院までしっかり実践してもらうことにしました。

私は、やる事をやったあとは、
あとは患者さん自身もそれを維持するための
努力をしなければならないと考えています。

なぜなら、治すのは結局患者さんの体の自然治癒力
だからです。
私はそれを最大限引き出すことです。

痛みでお困りの方、
二人三脚方式の当院の治療を体験してほしいなと
思います。



人気記事