腰痛、サッカー少年の場合。|加藤整体院・接骨院

腰痛、サッカー少年の場合。

2016年4月14日 : 一般治療

おはようございます。
米沢の加藤接骨院・整体院です。
 
今日は、中学生男子、サッカー部の少年の場合です。
 
彼は、2年ほど前から当院に通院しているのですが、
成長著しい時期に合って、急激に体も大人の体つきになってきており、
筋力もついてきました。
 
ただ、元来の体の硬さが、成長とともに露わになってきて、
今回は腰の痛みがひどいとのことで来院してくれました。
 
3月の始めに通院し、間が空く形で3回通院したのですが、
姿勢の徹底ができておらず、炎症性の痛みを無理してやっていたようで、
痛みが引かない状況でした。
親御も心配し、3月20日ころに整形外科を受診されたとのことで、
また当院に戻ってこられました。
 
レントゲンに異常があるわけではなく、
特にこれといった治療をしてもらえるわけではないので、
再度、姿勢の徹底と、春休みの期間を利用してしばらく毎日通院するよう
声をかけました。
 
姿勢がひどいのに加え、練習量が多く、回復スピードを上回ってしまっている状況ですから、
10日ほど続けて調整すれば良くなるだろうと判断し、
運よく春休みで時間が確保しやすいこともあり、
続けて治療のアドバイスをした次第です。
 
毎日通院してもらうことで、
調整が定着しやすく、姿勢指導も浸透しやすかったです。
もちろん、状態はみるみるうちに回復していきました。
 
やはり若さは大きな武器です。
治るスピードも治る精度も、抜群にいいです。
 
ただ、ここで若さにかまけて調整を怠ると、
また痛みがぶり返します。
10日で完治することはまずないので、
今は状態がいいだけだから、1週間後が2週間後までには
必ず1回来るよう声をかけました。
 
完治せずに無理してぶり返したら、今から始まる大会シーズンを棒に振りかねません。
ほとんど症状が出ずに調子がいい時でも、
2週間に1度くらいはメンテナンスにくるよう、
改めてアドバイスするつもりです。
痛めて試合に出られない選手をみるのは、
こちらもつらいのです。
 
メンテナンスをマメに行い、
なるべく万全な状態で試合に送り出してあげたい。
私たちは常にそう思っております。
 
大会直前のけがは、何としても避けたい。
スポーツ選手の皆さん、自分をケアするのは自分自身です。
 通院することも、セルフケアの一環になります。
 競技そのものと合わせて意識してもらえればと思います。
 

人気記事

Sorry. No data so far.