腰痛肩こりは、睡眠中が原因?|加藤整体院・接骨院

腰痛肩こりは、睡眠中が原因?

2015年1月26日 : 一般治療

おはようございます。米沢の加藤接骨院です。
DSC_0206
上記は横向き参考図です。
基本的に横向きは体に良くないのです・・・。


 
今年の1月は、雪が少なく、12月の大雪が嘘のようです。
このまま春がきてほしいと、心から願っております。
とは言え、雪が降って仕事が出来る方もいらっしゃいますので、
あまり声高らかに「雪よふらないで!」とも言いづらいわけです。
当院にも、除雪・建設関係の方が多くいらっしゃいますので・・・。
あくまで、本能的な反応として、
雪の季節を何とか無事乗り切りたいと、思ってしまうものです。
 
今日の本題は、寝る姿勢について、
基本的な考え方を、シンプルにお伝えすることです。
 
皆様、寝るときはどのような姿勢で寝るでしょうか?
横向き?仰向け?うつぶせ?
理想的な寝方を、はっきり申し上げれば、
仰向けで寝た方がいいでしょう。
横向きやうつぶせは、背骨、特に首の骨が歪みやすくなるので、
肩こりや腰痛の原因にもなりえます。
枕の高さや個人差も多少はありますが、
右上で寝る習慣がある方は、たいてい右寄りの歪みをしますし、
左であればその逆になります。
当院にいらっしゃる方は、どこかしら体の不調を訴えていらっしゃる方ばかりですので、
9割以上は横向きで寝ているのが原因で起きている痛みです。
仰向けでも痛みがでるパターンもありますが 、
ご自分の意識がないところで、横向きの時間が長いと思われます。
9割以上は、「自分は横向きで寝ている」という自分の自覚があります。
 
ある特定の痛みを感じやすい方は、
まず寝方を意識してみてください。
普段横向きでねている自覚がなくても、
寝やすい向きがあれば、左右の歪みが強く出始めていると思って下さい。
 
完璧に歪みが取れる、ということは、
人間の特性上あり得ないことですが、
完璧を目指し続けることで、今までよりもいい状態が保ちやすくなるわけです。
定期的なメンテナンスがいかに重要で必要なものか、
しっかりご理解いただけるよう、私たちも丁寧に解説しております。
 
車にも車検があります。
ピアノの調律師がいます。
人間ドックも定期的に必要になります。
人間は、完璧を目指し続けることで、健康であり続けることが出来るわけです。
 
自宅で出来ること、
今日は「寝る姿勢」について、簡単に解説しましたが、
実践するかどうかはあなた次第です。

人気記事