生活のリズムと体の歪み、意外に連動する件について|加藤整体院・接骨院

生活のリズムと体の歪み、意外に連動する件について

2014年11月25日 : 一般治療

おはようございます。

米沢の加藤接骨院・加藤慎也です。

今日は、生活のリズムと体の歪みについての私見を述べたいと思います。

また、それに伴い、「1/fゆらぎ」についてお話したいと思います。

 

堅苦しい表現は、個人的に嫌いではないのですが、なるべくわかりやすいように言います。

生活リズムが乱れている方、夜更かし(自堕落なものから、仕事による夜勤等すべてひっくるめて)をする方は特に、

体の歪みが強い傾向にあります。

以前から再三申し上げているのですが、人間は夜行性ではありません。

お日様が昇れば起きて、お日様が沈めば寝るという、昼行性の生物です。

また、電気が発明されて以来、体は、昼夜の区別がつきにくくなり、

エアコンなどの影響で、一日の中でも「季節」の移り変わりを経験してしまう状態が続き、

暑さと寒さの対応の切り替えがうまく出来ない人も多くいます。

 ここ数十年で、人間は急速に環境が変わり、むしろ変えたのは人間自身ではありますが、

 進化の対応が出来ていないのです。

 (急激な環境の変化の是非は、ここでは触れません。)

 本来、何万年何十万年も時間をかけていきながら、環境の変化に対応してきた生物なのに、

 数十年で変化しよう、というのが土台無理な話です。

 

とは言っても、今の便利な環境を急に捨てるわけにもいきません。

 

ではどうすればいいか。

 ①まずは朝はお日様とともに起きて、お日様と寝る状態に近づけること

  いきなりは無理です。夜は電気を暗くすることから始めましょう。

 オレンジ色明かりを、足元に置くのが良いかと思います。

 天井の電気は必要ありません。もう日は沈んでいますから、

 ここで部屋を明るくすると、体と脳がいつまでたっても休まりません。

②自然のものを食べること

③適度な運動をすること

せめてこの3つが出来るようになると、体は自然治癒力が増します。

今まで治りにくかった症状や、治ったことのない症状でも、

改善することがあります。

疲労回復にも役立ちます。お金もかかりませんので、ぜひ試してみてください。

  

 ④として、「1/fゆらぎ」を意識してみること

 どういうことかというと、「規則性の中にある不規則性」です。

 わかりやすく言えば、水の流れ、炎の揺らめき、木目などです。

 規則的な動きをしている中に、不規則な動きがあります。

 それが、人間は心地よく感じるようです。

 水の流れも、同じように流れているようで形は違いますし、

 炎も同じ形にはなりません。

 そういった自然のものに触れるということも、

 潜在的なリラックス効果を引き出す要因になります。

 炎の揺らめきや、水のせせらぎに触れると、なぜかホッとします。

 

 当院の電気治療器も、1/fゆらぎの周波を出すものがありますが、

 自然のものには恐らくかなわないでしょう。

 こういう1/fゆらぎと、手による矯正の治療を継続して行うことにより、

 いい状態を作り出すことが出来ます。

 

 お体に不調を感じる方、ぜひ一度ご相談下さい。

 

 

 

人気記事

Sorry. No data so far.