骨折の治療に有効なものは?|加藤整体院・接骨院

骨折の治療に有効なものは?

2014年10月16日 : 一般治療

米沢の加藤接骨院です。おはようございます。

 

骨折の治療で、有効なものとして、

一般的に知られているのは、超音波治療機器です。

強さ出力設定し、患部に当てると、骨折部の損傷個所周辺の新陳代謝が上がり、

骨のくっつきが良くなります。

しっかり毎日、理想的な刺激を加え続けると、

たとえば鎖骨骨折全治3週間が、10日でほぼ痛みがなくなった例もあります。

 

骨折の治療を進めていく中で重要なのは、

「骨がくっついたら、治った」という思い込みです。

くっついたら終わり、と思う方が多く、治療を中途半端にしてしまうケースが多いのです。

治療は、2段階に分かれていると思って下さい。

第一段階として、骨がくっつくまでの、固定中心、超音波による早期安定です。

第二段階として、固定除去後の、周囲の硬くなった組織のリハビリです。

第一段階は、みなさん本能的にわかっていただけると思います。

ここで言いたいのが、固定していた分、周りの組織が硬くなってしまうので、

それを柔らかくしていくのが大変である、ということです。

硬いまま無理をすると、その組織を痛めやすくなってしまうのです。

最悪、靭帯損傷などを引き起こす可能性があります。

柔らかくするための治療が、とても根気がいるのです。

 

当院では、その治療として、設定を変えた超音波治療と、

 背骨骨盤の調整を行います。

 背骨骨盤の調整の意味は、正しい姿勢を作ることにより、

 血液を含むすべての体液の流れが改善し、筋肉も緩みます。

 筋肉がゆるむと、関節のかみ合わせが理想に近づき、動きが良くなるのです。

 自然治癒力も上がりますので、

 若い方であれば通常の期間の半分以下で元通りになります。

 

 怪我は、治療次第で早く良くなり、後遺症も出ませんが、

 逆に言えば治りが悪く後遺症も残ることも多いのです。

 

 まずは当院にご相談いただければ幸いです。

 痛みは早期発見早期治癒で解決しましょう。

人気記事