今日は、スタッフ同士の背骨矯正の様子です。|加藤整体院・接骨院

今日は、スタッフ同士の背骨矯正の様子です。

2014年10月25日 : 一般治療,治療

米沢市の加藤接骨院です。

今日は、スタッフ同士での矯正の様子を載せてみました。

下の写真の図は、小林式背骨矯正法がベースとなっています。

 小林式背骨矯正法とは、大阪の小林整骨院の院長先生が考案し、

 普及に努めている治療方法です。

 いわゆるボキボキ系の治療です。痛みは、ほとんどないのですが、

 人によって「いたいっ」という方もいます。

 それでもそこまで激痛ではなく、悶絶することは通常ありえません。

 ご安心下さい。

 症状を伺いながら、施術者側が「この矯正が必要」と判断した場合、

 あらかじめお断りをいれます。「多少背骨がボキボキなっても大丈夫ですか?怖くないですか?」

 怖いと言われたら、基本的にはやりません。

 ほかの矯正方法で行います。

 こちらから無理をさせることはありませんので、その点もご安心下さい。

 

 ではもう一つの矯正方法は何か。

 東京御茶ノ水でカイロをされている上原先生の考案したDRT背骨矯正法です。

 この矯正も、安全で、結果が出やすい治療です。

 ただ、痛いところはほとんど触らず背骨だけを矯正して治していくため、

 「え、痛いところは触ってくれないの?」と、思われる方がいますが、そこは大丈夫。

 背骨と骨盤を微調整することで、骨格が整い、症状が改善する方が多いのです。

 

たとえば、農家の方で、3年前に足首を捻挫し、整形外科や近所の接骨院に行かれたのですが、

 忙しさも相まって、治療がおろそかになり、靭帯が伸びた状態で固まってしまい、

 足首がゆるくなり、ただの屈伸運動だけでも痛みが出てしまう方がいます。

 その方の場合、一度目の矯正で足の屈伸痛がほぼ消失しました。

 膝も足首も触っておりません。背骨と骨盤だけです。

 骨盤も、仙腸関節という一か所しか触っておりません。

 うまく矯正がすすむと、痛みが出にくくなってきます。

 もちろん、農家の方ですので、体に無理をかけてしまうので、

 多少痛みは戻るとのことでしたが、今までよりは膝も足首も動きが良くなってきており、

 仕事もしやすくなっているそうです。

 これからも、定期的なメンテナンスは必要になりますが、

 ますます健康的な日々を送れるものと確信しております。

写真 (4) 写真 (3)

施術者は橋本、患者様役は玉田です。

二人とも、腕を上げてきております。さまざまな症状を改善させております。

若い二人ですが、ぜひ今後ともよろしくお願いします。

 

 それにしても、背骨の矯正はとっても奥が深いです。

 「背骨矯正」。

 たかだかこの4文字だけのために、今までどれだけの治療家が人生をささげてきたのでしょうか。

 いかに背骨、骨盤を整え、症状を根本改善できるか。

 幅は広い分野ではありませんが、その奥行が果てしなく深いのです。

 いわゆるゴッドハンドと言われるような、超能力でも持っているんじゃないか、と

 思われるような治療家でも、勉強が終わることはありません。

 むしろそのあくなき探求心だからこそ、ゴッドハンドになれるのでしょう。

 私自身も、一生勉強が終わることはありません。

 お一人お一人の患者様の治療が終わるたびに、いつも気づきがあります。

 みなさま、今後ともよろしくお願いします。

 

人気記事

Sorry. No data so far.