スポーツ障害でお困りの方、冬のうちにしっかりメンテナンスをしましょう!|加藤整体院・接骨院

スポーツ障害でお困りの方、冬のうちにしっかりメンテナンスをしましょう!

2013年11月1日 : 一般治療

米沢市の加藤接骨院です。

 

秋も深まり、スポーツシーズンも一段落してきました。

大会シーズン中は、痛みやケガやメンテナンスをしっかりしてきた選手も、

秋ごろから急にトーンダウンする傾向にあります。

 

ストレートに言えば、

「春に勝ちたければ、冬の間こそ自分の体を大事にするべきです」。

 

試合もないし、まあとりあえず何となく治るだろう、というような

考えは、大変危険です。

特に、スポーツ障害の代表格である、シンスプリント、オスグット、

テニス肘、足底腱膜炎など、11月から3月の間に治し切るつもりで

治療しないと、結局春に間に合わなくなるのです。

 

もっとも、シンスプリントやオスグットは、

一度治っても再発することもありますので、

それこそ定期的なメンテナンスが大事になります。

 

特にテニス肘ですが、

肘の外側の、手首につながる筋肉の炎症の俗称です。

正式には、外側上顆炎という名称です。

 

手首を返す動作で痛みがひどくなり、患部の損傷も憎悪する可能性があります。

ただ、痛みとしては、

無理すれば使えてしまうので、

完全な安静を保つことが難しく、また完全に安静を心掛けようとする

患者様の意識も、骨折等と比べれば低くなりがちです。

「これくらいは使っても大丈夫だろう」

「これくらい仕事してもそのうち治るだろう」

という具合にです。

 

その意識は大変危険です。

しっかり治したければ、やはりある一定期間使わないで安静にしておかなければ

なりません。

安静に勝る治療はないのです。

 

まずは一度症状をお見せ頂ければと思います。

ご相談下さい。

 

 

まずは冬場こそ当院にご相談下さい。

しっかり治し切りましょう!

 

 

人気記事