ケガをしたらRICE処置です。|加藤整体院・接骨院

ケガをしたらRICE処置です。

2013年5月31日 : 一般治療

スポーツシーズンの最中ですが、

それに伴い増えてくるのは怪我です。

 

最初は軽い痛みだと思っていても、実は治りが悪い箇所の場合もあり、

初期の処置をしっかりしないと、クセになったり、

スポーツ障害に移行したりします。

 

まずはrice処置が重要です。

rest・・・安静

icing・・・冷却

compression・・・圧迫

erevation・・・挙上

です。

 

安静にして、患部を冷やしながら固定し、

心臓よりも高い位置に持ってくる、というのが理想です。

 

勘違いが多いのですが、

冷やしながら固定すれば、運動できるとお思いの方がいます。

それは誤りです。

 

一番優先すべきは安静です。

 

ケガを予防し、そしてケガしたら正しい処置をし、

充実した競技生活のために無理をしないようにしましょう。

 

肉離れの症状で、特に気を付けてほしいのは、

冷やすか温めるかの初期の処置です。

 

痛みが発生したときや、

痛みが強いときは冷やしましょう!

温めると、炎症が強くなってしまい、痛みも増します。

 

温めるのは、症状が軽減したきたら、です。

ご自分の感覚で、「痛みが半分になった」と思えたら

温めていいと思います。

競技を続けながらの治療だと、

治るのにも時間がかかりますし、

患部が固く治ってクセになりやすくなります。

 

ストレッチは、筋トレと同じくらいに大事にしてほしいと思っています。

筋力が足りないせいで、ケガをしやすいというふうに思っていらっしゃる方も

多いですが、それだけではありません。

 

柔軟性がなくてケガをしやすくなっているパターンも、

実はかなり多いのです。

固い関節や、筋肉では、動きが悪くなって幅広い動作に耐えられないのです。

 

痛みが出やすいかた、一度当院で、体の動きを確認しましょう。

どこが弱いのかチェックし、今後どうしていくべきかアドバイスします。

 

 

無理せずに最短で治すことを心掛けたいものですね。

まずは一度ご相談下さい。

 

人気記事