スポーツ障害、スポーツ外傷について|加藤整体院・接骨院

スポーツ障害、スポーツ外傷について

2012年3月6日 : 一般治療

山形県米沢市の加藤接骨院です。

 

まだまだ寒さが厳しい時期ですが、

あと2~3週間もすると、スポーツシーズンに入ります。

 

小学生、中学生、高校生、大学生、一般の方、ママさんバレー、

パークゴルフをやるご年配の方、

皆さん一斉に活動を始める傾向にあります。

 

そうすると、必ず起きるのがスポーツ外傷・スポーツ障害です。

骨折、脱臼はもちろんですが、

捻挫や打撲、肉離れなども増えてきます。

 

ですが、一部の方の間に、

「捻挫や打撲、肉離れはケガのうちに入らない」

と勘違いされている方が、いらっしゃいます。

 

私は、声を大にして言いたいのです。

捻挫、打撲、肉離れを軽く考えないで下さい。

 

◆大けがの代名詞とも言える傷病名◆

膝の十字靭帯損傷

半月板損傷

この2つは、「捻挫」に分類されます。

 

・アキレス腱の断裂

通常、固定とリハビリで1年かかります。後遺症も残ることも多いです。

これは「肉離れ」に分類されます。

 

・接触プレイによるむちうちなど

鈍痛や、不定愁訴など、長きにわたり苦しむ事も多いです。首の捻挫です。

 

太ももの打撲

筋肉の奥で、血腫が石灰化し、動かすたびに激痛が走る場合があります。

手術適応になることもあります。

 

 

いいですか?

骨折だから心配、捻挫だから安心、というわけではありません。

素人考えで判断しないで下さい!!

 

早期現場復帰は、加藤接骨院にお任せ下さい。

 

 

 

人気記事