O脚矯正無料モニター、若干名募集!|加藤整体院・接骨院

O脚矯正無料モニター、若干名募集!

2015年9月21日 : ダイエット,一般治療

DSC_0419 DSC_0423

⇧⇧⇧O脚矯正前(上)             ⇧⇧⇧矯正15分後(下)

DSC_0486 DSC_0487

before                 after

※写真は、初回時のときのbefore,afterです。

※1回の治療で治るわけではなく、何回何十回と矯正し、

 定着させなくてはいけません。

※1回の治療でも、ここまで変わるという参考写真です。

 

米沢の加藤です。

今日はo脚矯正についてお話しようかと思います。

 
o脚矯正については、実に様々な情報が出回り、
ネット上でもbefore,afterの写真などが
良く見られます。写真も含めた情報の中で、
どれだけ本物の技術があるか、と言われると、
それはごく少数かと思います。
当院は、o脚矯正については手付かずになっていましたが、
この度本物の技術に出会うことになり、
本格的に施術メニューとして導入することになりました。
今まで、外傷を中心とする痛みに対する治療を
メインでやっていて、o脚矯正の研究が
出来ないままでいました。
o脚矯正の目的は、正しい脚の形に戻すことで、
将来起こり得る膝回りの故障の予防、
扁平足の改善、外反母趾の改善に努めることです。
将来に起こり得る膝回りの故障として、
変形性膝関節症が真っ先に挙げられます。
下腿骨が内側を向き、大腿部の外側と内側の筋肉のバランスが悪くなっているためです。
いかに外側と内側の筋肉のバランスを整えていくか、
そこが大事になります。
他にも、半月板の損傷、十字靭帯の損傷、
側副靭帯の損傷につながりやすくなります。
ジャンパー膝、ランナー膝も出易い傾向にあります。
外反母趾は、通常片側に強く出ます。
これは、o脚以外にも原因があり、左右の重心の乱れに影響されています。
扁平足は、内くるぶしの靭帯を痛めたり、足底腱膜炎を発症しやすくなります。

o脚矯正が順調に進めば、これらの問題が全て
解決するのです。

では一体どれくらいの期間に何回通院すれば
いいか、という話ですが、
これは個人差がありますので、一概には言えません。
大雑把に言うとするなら、2カ月~5ヶ月程度でしょうか。
1番軽い人で、まっすぐ立ったときはo脚ではあるものの、
力を入れると膝もふくらはぎもつく方は、比較的軽い人で、
2ヶ月程度。
力を入れて膝もふくらはぎもつかない方は、
半年くらいかかるかと思います。

まずは体験にいらっしゃるだけでもどうぞ。
無料モニターを、若干名同時に募集しています。
before,afterの写真をご協力頂ける方お待ちしてます。

写真は、お試しに一回やった方です。
しっかり時間と回数をかけて、更に変化を期待し、
それを定着していきます。
参考にして下さい。

人気記事

Sorry. No data so far.