オスグッド・シュラッター病|加藤整体院・接骨院

オスグッド・シュラッター病

 

 

このような症状でお悩みではないですか?

・全力疾走が出来ない。
・ジャンプの時に痛む。
・運動出来ないくらい痛い。

 

 

オスグッド症例事例 中学一年生サッカー部の男子

 

膝が痛くて練習を休んだり、参加出来ても部分参加だったり、全力で出来なかったりしたので、整形外科に行かれようなのですが、湿布を貼り様子を見たけど、良くならなく当院に来院されました。

整形外科に行っても改善されない理由は、整形外科に行って見てもらうだけで、筋肉の硬さに対するアプローチの指導もないですし、硬い関節があっても緩める等の踏み込んだこともしてないので、改善されないのだと思います。

 

状態

その方は、完全屈伸が痛くて出来ない状態で、部活も痛みが酷い時は練習出来なかったり、全然出来ない日もありました。

 

症状

太腿の周りの筋肉に硬さがあったり、臀部の筋肉はそんなに硬くなかったんですけど、内転筋が硬いとかの要因があって膝の痛みに繋がっているんだろうと確認できました。

 

 

オスグッドとは?

成長痛ではありますけど、成長する段階で骨が柔らかい状態で筋肉に引っ張られて骨膜が盛り上がってきて、そこで炎症が起きたり、痛みを発したりする症状です。

早ければ小学生の後半からなる子もいますし、中学生、高校生でなる子もいます。成長痛の時に激しい運動をしたりするとなるのですが、個人が持っている股関節の硬さ、太腿の筋肉の硬さが原因になりますので、同じ運動をしても、なる子はなるし、ならない子はならないです。

 

 

なぜ加藤整体院で改善するのか?

 

太腿の筋肉のしこりが取れてきたり、姿勢の指導をすることにより骨盤と背骨が正しく機能することにより関連する筋肉も柔らかくなってきますし、運動指導も適切に行いますので、そこら辺が大きな要因かなと思います。

出来ればオスグッドになる前に予防した方が良いですよね。小学3年生、4年生くらいから、体が硬くなり始める子は硬くなるので、ストレッチをしっかりするとか正しい運動量で運動するとかが大事になってきます。痛くなる前の小学3年生、4年生、特にサッカーやバスケット等をしている方は、早めに相談していただけると良かったりします。

例えば、この子は、ここが硬いから、近い将来オスグッドになるんじゃないかなと予見できますし、アドバイスもできますので、こういったアプローチできていければ最高かなと思います。

オスグッドは、湿布を貼っただけでは良くならないし、体の根本的に改善していかないと、太腿の筋肉の肉離れ、アキレス腱の炎症等の違う怪我に繋がったりもします。そういう子は体が硬い子なので、競技によっては、上半身に痛みが出るケースもありますので、早めに症状を落ち着かせていく方が良いですね。

 

 

先生から一言

 

100%痛みを取り切るには多少時間がかかると思いますが、

7~8割の痛みだったらすぐに取れるケースも多いです。

 

普通に動ける程度の痛みにはある程度

すぐに持っていけることができますから、

早めに相談頂けるのが良いのかなと思います。

 

 

当院へのアクセス